住まいと新築分譲マンションについてです

住まいの中で日が差しにくい場所は、壁や家具などインテリアを工夫することで、明るい印象に変わります。

Hot Topics
住まいと新築分譲マンションについてです

住まいをインテリアで明るく

住まいの中で日が差しにくい場所は、インテリア等を工夫することで、明るい印象に変わります。私の家でも北向きのなかなか日が当たらない部屋は、壁紙や戸の色を明るい色にしています。インテリアを明るめにすることで、部屋に入った瞬間に感じる暗さが緩和されました。家具もなるべく明るい茶色のものを選んでいます。決して同じ色で統一するなど、こだわったインテリアではありません。しかし室内全体の明るさを意識することで、過ごしやすい部屋になったことは確かです。

トイレも日が差しにくい北側にあります。日中でも、やや薄暗い場所です。トイレも、インテリアで明るくする方法を取りました。壁や床、天井などは白にして、便器も淡いクリーム色です。トイレ全体が白っぽくなって、それだけでも暗さが緩和されています。掃除道具などのトイレ用品を入れる収納棚は、白いものを購入しました。白いホーローの容器も利用しています。とにかくトイレは白を意識しました。そのせいか今では、トイレの薄暗さも気になりません。住まいの中で日が差しにくい場所は、インテリアでそれなりに明るくなると実感しています。

このページもチェック!

Copyright (C)2017住まいと新築分譲マンションについてです.All rights reserved.